ホーム > 会社情報 > 社長あいさつ

会社情報

社長あいさつ

梓設計について

社名の《梓》の木は古来、中国で百木の王とも呼ばれ、堅くて強靭、弾力があり、版木や弓、良質な建築の材料として重宝されました。梓匠(シショウ)は大工や建築職人、梓人(シジン)は棟梁をさしました。事務所の名称を個人名ではなく故事に由来をもつ《梓》にしたのは、世代を超えて社会を支えていく組織でありたい、そして、《梓》の木のように、力強くしなやかで、たくましく時代を生き抜き、人々に愛される組織になってほしいとの創業者 清田文永の願いがありました。
 この《梓》に込められた思いは、半世紀以上を経た現在も、私たちのなかにしっかりと受け継がれています。私たちは、与えられた役割の重要性と社会的使命をあらためて自覚し、人々の夢と未来を拓く仕事にたずさわれることへの感謝とともにこの創設の志を次世代に引き継いでいきます。

このページの先頭に戻る