ホーム > 採用/パートナー > 先輩社員からのメッセージ(林 達也)

先輩社員からのメッセージ

林 達也 工学研究科建築学専攻 2012年入社 電気システム部

私の現在の仕事

私は建物の電気設備分野の設計を担当しています。
例えば、一般的に馴染み深い設備で言うと照明・コンセント・電話・LAN・放送等。馴染の少ない裏方的な設備で言うと受変電・発電機・防災等があげられます。どちらも重要な設備になりますが、特に安全性を求められている現代の建物では後者の設備が建物内で一番重要だと言っても過言ではありません。建物の神経部になりますので。
私の担当している案件は学校・競技用プール・スタジアム・庁舎・航空機施設関係等々で、幅広い分野に携わっています。担当する建物によってはお客様からのニーズも、環境も全く異なります。それらのニーズを総合的に纏め上げ、満足していただける建物を計画していきます。これは厳しくもありますが、施主のニーズに合わせて自分のやりたい事を提案し、納得してもらえると、こんなに楽しい仕事はありません。自分の考えたものが建物として残りますからね。
入社前、「設計」という仕事は机に座ってひたすら図面を描いてるイメージが強かったですが、実際は与えられた細かな条件を建物へ反映させるために、クライアントのニーズを様々な角度から追及していく仕事が多いです。具体的には、まるで営業担当者かのように、毎日外出や出張、メールに電話に打合せと、たくさんの人たちとコンタクトを取りながら、クライアントのニーズをしっかり捉え設計や現場に反映していきます。担当するプロジェクトによっては日本中や世界を飛び回ることも少なくありません。

梓設計でのやりがい

「会社の主要な案件も若手のうちから1担当者として経験できる!」これですね。
私は1年目から担当していた作品がグッドデザイン賞を受賞しました。もちろん、技術なんて全く無いに等しかったですが、先輩からは「まずはお前の好きなようにやっていい。壁にぶつかったら相談しろ」と言われ、自由にやらせてもらいました。わからないことだらけで現場では辛く、厳しいこともたくさんありましたが、賞を受賞したと聞いた時は、そんなネガティブな気持ちは一気に吹っ飛びました。それと同時にもう少しこんなこともできたのでは?あんなこともできたのでは?と少しの後悔もありました。今後の仕事に対するモチベーションに大きく貢献していると思います。

私が梓設計を志望した理由

正直、梓設計は第一志望ではありませんでした。いくつか受けていた会社の1つでした。空港に強い梓設計。(就活の時に初めて知りました。汗)
ただ、若い担当者でも大きな建物を一人で担当して、実績も多く積んでいる。これは早い成長が望める大きなチャンスだと思い、梓設計に決めました。未だに自分がその立場を担えるかと考えると…..想像できませんが。
また、内定後にはなりますが、梓設計は社内交流がとても盛んで、学生にも参加できる機会が多くありました。その時、社内の事情を包み隠さず話してくれたことも志望につながった大きな理由のひとつです。社員になったような模擬体験ができたことで、居心地の良さや、風通しの良い会社だということを率直に感じることができました。気はたくさん使いましたが(笑)。
不思議と今でもその時の感覚は変わっておりません。入社してからも思った通りの社風でした。むしろ、その時の感覚以上に今は仕事がとてもやりやすい環境になっています。

私の将来の夢

将来は海外メインで仕事をしたいです。
何度か海外に行き、現地で働く日本人や、他国の人と出会い、多くの刺激を受けてきました。共通して言えるのは、アジアの発展の可能性です。
かつて日本での経済誘発効果が大きかった公共投資が、交通運輸インフラ整備であったように、今後のアジアの発展で大きな役割を担うのはインフラ整備と主要都市を結ぶ航空網だと思います。どちらも日本のように発展している国は少なく、特に発展途上国では今後の可能性が非常に大きいと感じています。また、東南アジアでのジャパニーズクオリィティへの信頼性も想像以上に大きく、他国の人では許されないことも日本人なら優遇される。そんな場面を多く見てきました。
交通運輸のインフラ整備は、規模や構想が大きなものですが、そこでは電気設備も大きな役割を果たします。インフラ整備、主要空港の整備等、梓設計が強い部門です。ここでの経験を糧に海外でも力を発揮できる日が来ればと思います。
そして、将来、家族を持ち、「世界で働くお父さん」に出演したいです(笑)。
子供たちに誇れる姿を見せられる日がくるのも、一つの楽しみです。

私の好きなこと

美味しいものやお酒を飲み食べ歩くことが好きですね。うちの会社にはグルメ通の方がたくさんいて、いつもいろんなところへ行っています。もちろん、平日だろうが終電、もしくは朝まで飲み続けてしまうこともたまにあります(笑)。
時間のある休日は自然がある海や山、川へポタリング(自転車で散策)しに行きますね。普段はゴミゴミした都会にいるので気晴らしに。一人で散策してるといろいろな発見や出会いがあります。もちろん、美味しいものを探しに行く旅でもありますけど。
また、会社ではゴルフやサーフィン、バーベキュー、ドライブ、温泉旅行や海外旅行等々の私的なイベント、公的なイベントもたくさんあります!梓設計には多種の趣味を持った人がたくさんいますし、社内はみんな仲良しですね。

志望する方への応援メッセージ

私は今、海外研修制度を利用して海外にいます。1人異国の地で異国の人と接し、1か月ちょっとではありますが生活しています。恥ずかしながら英語は少々苦手です。「そんなの関係なく気力とジェスチャーで伝わります!」と言いたいところですが、やはり仕事ではそうもいきません。海外での仕事は英語が必須です。今後も海外案件が増えていきますし、それを見据えて梓設計では比較的長い期間、実務と絡めて海外研修制度を積極的に取り入れています。他の研修制度も充実しており、海外での生活でいろいろな感性にふれることもできます。英語が苦手でもやる気があれば誰でもチャンスを与えてくれる会社です。
設計は一人で取り組むところ、人の力を借りるところ、もちろんどちらも大切ですが、圧倒的に後者が多いと私は感じます。しかし、個人の考えも重要で、ここは誰にも負けない!というやる気と自信を持ち、たとえ間違っていても何度も壁にぶつかっていく!何事もそのような気持ちで取り組むと、おのずと人の輪が広がっていくことと思います。また、この仕事は人との関わりが多い仕事です。どんな人に対しても関心を持ち、接すること。心が開けて、時にスムーズに事が進む事も少なくありません。それは世界共通だと思います。梓設計はたくさんの感性を磨けるところでもあります。

私が関わった事例紹介

このページの先頭に戻る