梓設計は「気候非常事態宣言」を表明します

梓設計「気候非常事態宣言」を表明します

株式会社梓設計は、このたび「気 候非常事態宣言」を表明いたしました。地球温暖化がもたらす急激な気候変動による危機を認識し、建築に 関わる企業としての社会的責任を果たし、脱炭素社会の実現に最大限貢献していきます。

梓設計「気候非常事態宣言」

地球の温暖化は、世界各地で記録的な熱波、森林火災、洪水や海面上昇など多くの深刻な被 害をもたらし続けています。IPCC(Intergovernmental Panel on Climate Change 気 候変動に関する政府間パネル)は、2021 年8 月9 日の第6 次評価報告書(AR6)において「人 間の活動の影響が大気、海洋及び陸域を温暖化させてきたことには疑う余地がない」と断定し ました。日本も2050 年のカーボンニュートラルに向けて2030 年までに温室効果ガスの排出 量2013 年比46% 削減を掲げています。国内の住宅・建築(民生部門)からの排出量は、 全排出量の3 割を超え、この分野に携わる梓設計にも大きな責務があると考えます。私たちは 脱炭素社会の実現に最大限貢献していくこと、そして地球が直面している危機的状況の克服に 向けて、ここに気候非常事態を宣言します。

  1. 1、梓設計の企業活動全般において、 2022 年度にカーボンニュートラルを実現します。
  2. 2、顧客と脱炭素に向けての課題とロードマップを共有し、 サスティナブルな都市・建築を共創していきます。
  3. 3、脱炭素社会を構想するAIR での先進的研究や取組みを 広く発信していきます。
    ※ AIR:株式会社 梓総合研究所AIR [AZUSA INSTITUTE OF RESEARCH Co., Ltd.]
  4. 4、CSR 活動を通して、次世代を担う子供たちに 環境の大切さを伝えていきます。

最新Topics

マインクラフトを活用した建築ワークショップを開催しました!

「ウクライナfamilyプロジェクト」第1弾。
渋谷公園通り沿いの花壇を黄色の花で彩る活動に参画してまいりました。

「健康経営優良法人2022(大規模法人部門)」に更新認定されました。

デザインとICT のあり方を見つめなおす「I.C.I.D.」プロジェクト_展示会のお知らせ