梓総合研究所[AIR] 施設運営のDXを推し進める新しいBIM-FMのカタチ AIR-Plate™を開発

株式会社梓設計の関連会社である株式会社梓総合研究所(本社:東京都千代田区 社長 田中明彦、以下「梓総研」)は、美しい街づくり、建物施設の長寿命価値向上、脱炭素社会へのコミットメントとして、施設運営のDXを推し進める画期的なBIM-FM(Building Information Modeling - Facility Management)ソリューション「AIR-Plate™」(登録商標)を開発致しました(特許出願中)

詳しくはPDFをご覧ください

AIR-Plate ウェブサイト
https://air-plate.jp


梓総合研究所の概要
会社名:株式会社梓総合研究所
所在地:〒100-0004 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル3F
代表取締役:田中明彦
設立:2021年(令和3年)10月1日
URL:https://azs-air.co.jp/
事業内容:
空港、スポーツや医療施設の設計を得意とする㈱梓設計が、「Architectural Innovation & Digital Disruption」を標榜し設立。あるべき未来とありうる未来をバックキャスティングし、リアルとサイバー空間をデジタルと革新的なアーキテクチャーで課題を創出解決していくとの想いで、原点である空港施設ではAIによる運営効率化、環境では脱炭素建築とその仕組み、更には未来の建築家を育む次世代教育等取組んで参ります。

最新Topics

社内ライブラリーにオリジナル書籍貸出システムを導入!Saas系システムNotionを活用

紺綬褒章を受章いたしました

新たな音楽の聖地「K-Arena YOKOHAMA」紹介ムービーを公開!

創立77周年記念式典にて、第43回「清田賞」の受賞作品を決定いたしました。