「感染防止を優先した新しい働き方」ガイドライン

緊急事態宣言を受けてクローズしていました全社(本社、支社、営業所)は、6月1日よりオープンいたしました。
当社では引き続き在宅勤務を主体とした、感染防止を優先する働き方とさせていただいておりますが、 その中で、チームやひとり一人が作業内容やコンディションに適した手段、場所、時間を選択する 創造的・効率的、かつ健康的な「新しい働き方の推進」に取り組んでおります。

以下当社での「感染防止を優先した新しい働き方」ガイドラインをお知らせいたします。

1.健康の維持
・毎朝の体温と健康状態のセルフチェックを行う
・こまめな手洗い、洗顔、うがいの励行
・十分な睡眠時間、バランスの取れた食事、規則正しい生活に努める

2.出社、移動
・混雑する時間帯や路線を避けた出社、移動の徹底
・自転車や徒歩での出社や移動に努める
・公共交通機関やタクシー等利用時は必ずマスク着用

3.勤務体制
・在宅が適した作業、オフィスが適した作業を見極め「mix style」で成果を最大化する
・会議においても目的に応じ、Web会議とするか対面での会議とするかを判断する
・勤務計画(出社、外出、在宅、サテライト等)を社内グループウェアで明示する
・WEBミーティング・電話やフェイスタイムなどを駆使し社内連携を密に図る

4.出社時
・オフィス入室時は検温、手を消毒または直ぐに手洗いする
・勤務中は必ずマスクを着用する

5.オフィス対策
・オフィスの座席は2mの間隔を空け横並び、もしくは対角に配置する
・会議や打合せ時は距離(可能な限り2m、最低1m)をとる
・コピー機のディスプレイ、PC、モバイル端末のこまめな消毒を行う
・iPad等を利用したペーパレス化を徹底する
・個室を利用する会議・打合せは扉を開放し30分以内とする

最新Topics

第7回スポーツファシリティーズ大賞
スポーツ庁長官より表彰状を頂戴いたしました!

第9回九州ホーム&ビルディングショー開催!

ハイシーズンのコンサート開催を実現する“SLiDE STADIUM”構想を発表!

羽田空港第1ターミナル北側サテライト施設  木造・鉄骨ハイブリッド構造採用し、人にも環境にもやさしい先進的空港の実現へ!