「幼保連携型認定こども園 ここのえ みつばこども園」が第11回キッズデザイン賞を受賞。

「幼保連携型認定こども園 ここのえ みつばこども園」が第11回キッズデザイン賞を受賞いたしました。本施設は九重町内3地区・6施設に分かれていた保育園・幼稚園を統合し、「幼保連携型認定こども園」とするもので、園児の定員数や建物規模が大きくなるなか、「こどもを包み込む見守りの空間づくり」をテーマに、保育室への動線短縮化や部外者の出入り管理の一元化などに配慮。園庭にも工夫を凝らし、地元の風景をモチーフとしたオリジナルの遊具の制作、自然共育の舞台となる菜園などを配置しています。こどもたちの好奇心を刺激し、のびのびと遊び・学べる保育環境の実現を目指しました。

最新Topics

AZS CSR活動報告 Vol.4
梓オリジナルカップでお客様をおもてなし。

土浦協同病院がドラマ撮影ロケ地になっています!

野々市市文化交流拠点施設「学びの杜ののいち カレード」が
石川建築賞を受賞しました。

AZS CSR活動報告
当社設計の川崎市立小杉小学校で防災をテーマとした授業を行いました。