インスタグラムリンク

Index

scroll

Work実績紹介

交通インフラドメイン

JAL成田Aハンガー

  • 建築主

    日本航空株式会社

  • 所在地

    千葉県成田市

  • 竣 工

    1988/05

  • 階 数

    2F

  • 延床面積

    12,583m²

  • 構造

    1F:S造、2F :RC造

747-400型機の就航を控え、大型機材増加への対応と安全運航の強化策として、運航整備を目的に成田空港整備地区内に建設されました。747-400型機までの大きさの航空機を同時に2機収容可能となっています。 ノーズイン方式により大型機2機分の必要空間を最少とし、鋼管トラスの屋根架構により鉄骨量を極限まで低減しました。尾翼通過部にはレールとともに開閉する特殊装置の開発採用により、大扉高さを低く抑え、施主要望に沿うローコストハンガーを実現しました。 また、限られた敷地内に建設を可能とするための方法として、ハンガー中央部の柱に屋根荷重を集中させたリブラ(天秤)構造を世界でも初めて採用しました。航空機の運航整備に必要な各種の整備用設備は、時代にマッチした近代的な設備が配備されています。

その他最新実績

交通インフラドメイン

⻑年にわたり、⽇本の空港施設設計を⼿掛けてきた梓設計。交通インフラドメインは、航空分野の設計ノウハウを最大限活かし、港湾・鉄道、さらに陸送の分野にも日本並びに世界に向けて設計活動を展開していきます。

続きを見る