フェイスブックリンク インスタグラムリンク

Index

scroll

Work実績紹介

ワークプレイスドメイン

藤沢市新庁舎

  • 建築主

    藤沢市

  • 所在地

    神奈川県藤沢市

  • 竣 工

    2017/12

  • 階 数

    10F/B1F

  • 延床面積

    35,435m²

  • 受 賞

    神奈川建築コンクール 優秀賞(2018)/かながわ地球環境賞(2019)

  • 構造

    RC造(免震構造)

新庁舎は「人・環境にやさしい市民に親しまれる庁舎」をコンセプトに、藤沢市の特徴である豊かな自然や海をモチーフとし、環境への取り組みを表現する庁舎を目指しました。
藤沢駅、国道、市民の生活動線という3つのアクセスに対応できるよう、ランドスケープを行い、駅側にはサークルプラザを配置しました。サークルプラザは、太陽光発電一体型の円形ガラス屋根による半外部空間として、市民を庁舎エントランスに導き、開かれた庁舎を表現するアプローチ空間となっています。
外観デザインは大型の水平ルーバーとメンテナンススラブによる、水平線を強調したデザインとして、日射遮蔽による熱負荷低減と採光・眺望を両立しています。市民に親しまれる庁舎として、市民広場、市民利用会議室、屋上庭園、展望ロビーなど市民交流の場づくりを重視した計画としました。また、安全安心を支える防災庁舎として、免震構造の採用、ホバリングスペース、非常用発電設備など防災機能の強化を図っています。

撮影:㈱エスエス

その他最新実績

ワークプレイスドメイン

庁舎やオフィスの機能・内容は多岐にわたります。ワークプレイスドメインは、働き方の見直しやマイナンバー制度の導入など、常に変化する社会のニーズや制度に応え、お客様と共に最適解を導き出します。

続きを見る