Index

scroll

Work実績紹介

高萩市認定こども園

  • 建築主

    高萩市

  • 所在地

    茨城県高萩市

  • 竣 工

    2022/02

  • 階 数

    地上1階

  • 延床面積

    1,291㎡

  • 受 賞

    茨城建築文化賞 (2022)/最優秀 キッズデザイン賞2022(2022)/ ウッドデザイン賞2022 (2022)/空間デザイン賞 long list(2022)

  • 構造

    木造, 一部S 造

このこども園には廊下がない。園児の主動線は半屋外の縁側である。深い軒の縁側で園舎を包込み、保育室への縁側からの直接のアクセスを可能とし、登園・降園の渋滞緩和、感染症対策の離隔・消毒スペースを確保した。また、縁側は、雨天時の滞留スペースや、運動会の観客席、夏の日陰や雨天時の遊び場、多目的ホールとの屋内外の連携を可能にする等、多岐にわたる活用が可能である。大屋根は、L字型の中央の多目的ホールを頂点として、保育室へと気積がゆるやかに変化する。高さの変化する屋根を登り梁形式とし、建物周囲の高さを抑えながら、小屋組みのない最大限の内部空間を確保した。棟木の代わりに鉄骨FBを使用し、棟木による圧迫感を軽減した。アフターコロナ時代では、感染症対策として、十分な離隔スペースを求められるが、建築面積を増やすには限界がある。主動線を半屋外化をすることで、アフターコロナ時代の拡がりと多様性ある園舎を目指した。

撮影:永禮賢

その他最新実績