インスタグラムリンク

Index

scroll

Work実績紹介

交通インフラドメイン

茨城空港旅客ターミナルビル

  • 建築主

    財団法人 茨城県開発公社

  • 所在地

    茨城県小美玉市

  • 竣 工

    2010/01

  • 階 数

    3F

  • 延床面積

    8,593m²

  • 受 賞

    CAPA Low Cost Airport of the Year 2011(2011)

シンプルな建築デザインによるコンパクトでローコストな旅客ターミナルビル

茨城空港旅客ターミナルビルは、関東平野北部、筑波山を望む場所に建つ首都圏3番目の空港です。旅客施設は、ローコスト・コンパクトを基本方針とし、豊かな自然とシンプルなフライトに相応しい建築デザインとしました。 1階に旅客施設を集約し、海外の格安航空会社・チャーター便のニーズにも対応可能な旅客ターミナルビルを目指しました。2階には送迎デッキ・レストラン・店舗等のサービス施設を配置しています。航空自衛隊と滑走路を共用しているため、ここから様々な航空機を間近に見ることが出来ます。

ストライプデザイン

内外装や家具デザインは、シンプルな茶系を基調としたストライプデザインで統一し、筑波山を望む茨城空港から、海外への旅立ちを演出すると同時に、自然豊かな地元のイベントスペースとしても永く親しまれるよう温かみのある空間づくりを目指しました。

その他最新実績

交通インフラドメイン

⻑年にわたり、⽇本の空港施設設計を⼿掛けてきた梓設計。交通インフラドメインは、航空分野の設計ノウハウを最大限活かし、港湾・鉄道、さらに陸送の分野にも日本並びに世界に向けて設計活動を展開していきます。

続きを見る