フェイスブックリンク インスタグラムリンク

Index

scroll

Work実績紹介

交通インフラドメイン

米子空港旅客ターミナルビル

  • 建築主

    米子空港ビル株式会社

  • 所在地

    鳥取県境港市

  • 竣 工

    2010/03

  • 階 数

    3F

  • 延床面積

    8,354m²

  • 増築面積

    1,235㎡

設計コンセプトは「明るく、楽しく、やさしいターミナルビル」

滑走路の延伸により大型旅客機就航が可能となることに備えたターミナルビルの増改修工事を行いました。増築面積を最小限に抑えながら、既存施設の狭隘解消、バリアフリー対応、耐震補強、老朽化設備更新等、様々な問題を解消しました。同時に店舗、トイレの環境向上改修も実施し、特にトイレ改修では女性、子供連れへの配慮を徹底した空間づくりを行ないました。既存部の改修工事では旅客ターミナルビルは無休施設であることから、運用に影響を与えることのない段階改修計画に配慮しました。

地域の玄関口となる施設であることから、地元で製作された焼き物などを採用することで、地域らしさを演出しています。 NEDO補助事業にて高効率熱源への改修を行い、合わせて館内オール電化などにより省エネルギー賞を受賞しました。

その他最新実績

交通インフラドメイン

⻑年にわたり、⽇本の空港施設設計を⼿掛けてきた梓設計。交通インフラドメインは、航空分野の設計ノウハウを最大限活かし、港湾・鉄道、さらに陸送の分野にも日本並びに世界に向けて設計活動を展開していきます。

続きを見る