ホーム > 採用/パートナー > 先輩社員からのメッセージ(中村 友香)

先輩社員からのメッセージ

中村 友香 建築学科環境設備専攻 2012年入社 機械システム部

私の現在の仕事

私は現在、主に建物の空調衛生を担当しております。
具体的には、病院・学校・劇場・研究所などの人々が多く集まる場所を、より快適な空間となるように、意匠設計者や構造設計者と連携をとって形にしていきます。「暑い、寒い」は非常にクレームになりやすく、日本では、そもそも心地良いと感じる環境そのものが、いわばあたりまえの基準でもあります。
そんな「あたりまえ」を、意匠側の想いやコンセプトを最大限損なうことなく実現できるように、日々奮闘しています。

梓設計でのやりがい

様々な現場で、多くの人と交流しながら仕事は進んでいきます。
業務は多岐に渡り、当然、忙しい日々となっていくのですが、私の場合この忙しくしている感じそのものが充実感なのかなと思います。やがてプロジェクトが完了となり、「今回も、きちんとできて良かった」と、ホッと胸を撫でおろす瞬間を迎えるのですが、この感覚を味わうことが私のやりがいと言えると思います。

私が梓設計を志望した理由

就職活動に特に熱心だったわけではありませんが、梓設計への関心を持った際には、本社や周囲の環境を一人で見学に来たこともありました。
身近な学校の先輩もおりませんでしたが、その後の会社訪問時には、丁寧に社員の方が社内を案内してくださり、雰囲気の良さに感激したことが直接の志望理由です。
また、梓設計が手掛ける建物には、多くの人々が集まり使用する建物が多く、そういったプロジェクトにずっと関わっていけるという点も、いつも新鮮な想いで仕事ができると感じ、魅力的でした。

私の将来の夢

社員の中には、例えば、空港設計のみを極めたいといった、特定用途の専門家を志向する方もいますが、私はいろいろな建物をたくさん手掛けたいと考えています。
さまざまな種類の建物を通して、多くの人々と出会いたいなと思います。
特に、エンドユーザー、要するに、建物の利用者の方々と接していきたいです。
例えば、学校を設計する際には行政の担当者とお話しする機会が必然的に多くなりますが、機会を見つけては、学生たちと話す機会が増えると良いといつも考えています。
様々な建物の様々な場面で、利用者がどういう風に感じるのか、その目線や感覚を大切にして、仕事をしていきたいと思います。

私の好きなこと

他国の空間や雰囲気を肌で感じることが好きです。
以前旅行で行ったクロアチアとトルコでは、古い街並みや自然環境と向き合うその国の人々のライフスタイルを、肌で感じることができてとても心に残っています。
建物が自然と溶け合うような作品に、自分もいつか関われたらいいなと考えたりしましたし、
旅の途中、異文化の中であっても、日本に帰ってなにか生かせるヒントはないかなと、探していたりします。

志望する方への応援メッセージ

入社後は、より専門的で踏み込んだ学問分野や専門職種を極めていくことになりますが、それに凝り固まることなく、柔軟な考えを持つことも非常に大事なことだと思います。学生時代は、設計・都市計画・設備・構造など、多方面の分野で研究をされている方や建築とは全く違う分野の方と、たくさん出会って影響を受けたり刺激を受けたりしてほしいと思います。

私が関わった事例紹介

このページの先頭に戻る